ことばは、今も。
小説を中心に、ビジネス書や古典まで。本好きOLの読書日記です。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)
国際ピアノコンクールを舞台に、四人のコンテスタントを中心とした人間模様と音楽を描いた小説。



プロのレベルとはかけ離れているが、私も学生時代は吹奏楽コンクールに出場し、今も趣味で音楽をやっているので、音楽の世界が独特であることや、コンクールのドラマ性などは実感できるものがある。
何百回、何千回と練習しようと舞台で演奏するのはたったの一度だけ、しかもコンクールにおいては、途中で選考から漏れてしまったら、それ以降の課題曲は一度も舞台で演奏せずに終わってしまうという、その無情さ。音楽は、演奏者のその時の精神状態を表し、変にあがってしまったら普段通りの演奏ができなくなり、今までの努力が水の泡になってしまうという恐怖。
また、プロになるには小さいころからひたすら練習に励み、楽器代、衣装代、渡航費などとにかく莫大なお金がかかるため、恵まれた家庭の子どもしか音楽を続けることはできず、さらには有名な先生に師事していないとコンクールで不利になるなど、音楽界の独特さも良く描かれている。

本書で中心的に描かれている四人は、一人一人様々な背景を持っており、偉大なる師、いつも連れ添ってくれた母、優しい祖母など、それぞれに多大な影響を与えてくれた人、いわばメンターを持っていて、そこに小説としての面白さがある。偉大な音楽家が遺した謎めいた推薦状に、異端のコンテスタント、自分を音楽の世界へと導いてくれた幼馴染との奇跡の再会など、いかにも小説らしい展開もあるが、随所で感動してしまうことも。特に栄伝亜夜が一次、二次へと進むにつれ、周囲のコンテスタントの影響を受けながら成長していくさまがよかった。
このような一人一人の背景と心境を読んでいるうちに読者はおのずといずれかのコンテスタントを応援したくなり、まるでひいきのチームが出場しているスポーツの実況中継を見ているような感覚で、はらはらとしながら結果発表のシーンを待ちわびるのだ。

そころで、ピアノコンクールが舞台なだけあって、この小説の大半はピアノの演奏シーンで構成されている。音を聴かせることのできない小説において、音楽を表現するのはさぞ難しいだろうが、それぞれの演奏者の音の特長や、曲が持つ歴史的背景、さらに後半ではその音楽から喚起される物語を表現することで、聴こえないはずの音を「聴かせて」いる。その表現力が素晴らしい。
とはいえ、やはりどんな曲か実際に聴いてみたいな、と思ったら、本書に登場するピアノ曲のCDも販売されていた。さすがだ。こちらも欲しくなってしまうのが人情である。





ところで、私はというと、天才肌タイプよりも一般人に近い人間に興味がわくらしく、「生活者の音楽」をめざし、楽器屋さんに勤務しながらコンクールに臨む最年長の明石を応援していたが、さて、果たして結果は…?

スポンサーサイト
土居健太郎「10年つかえるSEOの基本」(技術評論社)
SEOの具体的なテクニックなどが書かれている本ではなく、考え方をシンプルにまとめた本。
あっという間に読めてしまうので、私のような全くの初心者が概念を理解するのには良いが、既にSEOについてある程度勉強している人だと物足りないかもしれない。



SEO対策というと、以前問題になったDeNAのまとめサイトのように質の悪いコンテンツを大量に用意したり、キーワード検索に引っかかるよう、日本語が不自然でもよいからとにかくキーワードを大量にちりばめる、といった悪いイメージが強い。
しかし、この本は至極真っ当で、検索する人にとってよいサービスにしよう、質の高いコンテンツを充実しよう、ということを繰り返し述べている。
検索の仕組みもどんどん進化しているため、今後は質の悪いコンテンツ、いわゆるマジックハットSEOは機能しなくなっていく、というのが本書の主張だ。

本書のポイントをまとめると下記の通りである。

1)検索エンジンは「検索する人の質問に回答する仕組み」
SEOの基本的な取り組みは、検索する人にとって「回答」となるコンテンツを用意し、アルゴリズムの選定の結果、優先的に表示されるようにすること。

2)現在はSNSなど検索以外の流入経路が増え、また検索されるキーワードも様々
まず、ターゲットとする人がどのような背景において、どんなキーワードで検索しているのか知る必要がある。具体的なキーワードから、検索者のニーズをうかがい知ることもできる。

3)ページのタイトルが重要、meta descriptionにもキーワードを入れてわかりやすく表現する

4)小手先のテクニックではなく、すぐれた独自コンテンツを生み出すことが何より大事

5)サイトのリンクを集めることは最重要項目の一つ
継続的にコンテンツを制作して人を集め、リンクが自然に増えていくと好循環でサイトを訪問する人が増えていく

キーワード検索は調べたことがなかったが、見てみると面白そうだ。
私はHP担当者などではないので、現状、実際に業務でSEO対策をすることもないが、先述のようなブラックSEOがはびこるのではなく、本書に書かれているように、SEOが優良コンテンツへと人々を導くために有益なものであるとよいと思う。
飯間浩明「三省堂国語辞典のひみつ 辞書を編む現場から」(新潮文庫)
『三省堂国語辞典』の編纂者による、辞書エッセイ。
筆者の言葉に対する、そして何より『三省堂国語辞典』に対する熱い思いが伝わってくる一冊。



国語辞典にあまり興味がない人からしてみれば、辞書は皆同じに見えるかもしれないが、それは大きな間違いである。
それぞれの辞書にはそれぞれの編集方針があり、ターゲットがおり、こだわりがある。本書はまず、主な辞書の特長を紹介するところから始まる。

『三省堂国語辞典』の特長は、現代使われている言葉を、中学生にも分かりやすく説明しているということだ。
現代広く使われている言葉であれば、「www」も「ガン見」も「中の人」も辞書に載る。また、たとえば「的を得る」「汚名挽回」といった、よく使われるが従来誤りとされてきた表現(前者は「的を射る」、後者は「汚名返上」が正しい)も、状況に応じて辞書に取り上げる。
これらの新語や言葉の誤用、若者言葉などは、頭の固い学者なら、「言葉が乱れている」「誤った使い方だ」と切り捨ててしまいそうだが、筆者は頭ごなしに誤っていると否定するのではなく、用例を集め、状況を分析し、言葉の変化がなぜ生じたのかを調査し、その調査結果を辞書に反映させていく。その丹念な姿勢にはただただ感服、である。
そして、新語や誤用に関する筆者の解説を読んでいると、改めて言葉は生きており、日々変化しているということがわかる。

もちろん、筆者の調査対象となる言葉は、新語に限らない。たとえば「ライター」の語釈を書くために、実際にライターを買ってきて分解し、その構造を確認してみたり、「ゆべし」の語釈を書くために、実際にゆべしを食べてみたりと、一つの語釈を書くためにここまでするのか!と驚かされることばかりだ。

言葉を収集するためのツールが紙の「用例カード」からタブレットなどに変化した現在も、言葉に向き合う辞書編纂者の真摯な姿勢は変わらない。
単純なもので、このような本を読むと、もっと言葉を大切にしたいものだ、としみじみ思う。
最近はネットでささっと言葉を調べて満足してしまい、丹念に辞書を引く機会が減っていると思うが、もっと言葉を丁寧に扱う人が増え、筆者の努力が一般の人に伝わることを心から願う。


佐渡島庸平「ぼくらの仮説が世界をつくる」(ダイヤモンド社)
講談社で『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』などの大ヒット漫画の編集を担当したのち、作家エージェントのコルクという会社を立ち上げた、出版業界で有名な佐渡島氏の仕事論。



非常に共感できる部分もあるが、職種や業界が異なるとそうともいえない部分もあると感じた本だった。
たとえば、前半に書かれている、「今あるデータ(類書の分析など)から企画を立てると前例主義的になりがち。みんなが賛同するような企画は新しいものではない。既存のデータをもとに新規の企画を立てるのではなく、自分の感性を大切にせよ」という部分。
その後で、自分で仮説を立ててから検証をするべし、と検証のステップを入れてはいるものの、自分に都合の良い情報ばかりを集めて企画が 独りよがりのものになる危険性があると感じた。漫画のようなエンタメ系だと感性が求められるので、自分の感覚を大切にして良いのかもしれないが、業界が異なるとまた状況は変わってきそうだ。
しかし、後半にある自分の意見を大切にする、という部分はどの業界でも通じることだろう。会議などで安易に付和雷同していると、次第に自分の意見が分からなくなってくる、という経験はある。

なるほどな、と思ったのは、プロの文章を読むよりも友人の書いた他愛もないSNSの投稿を人々が読んでしまう原因を分析した第3章だ。これは親近感によって人が感じる面白さが変わるからだ、という仮説を立てた筆者は、いかに作家と読者の接点を設け、親近感を持ってもらうかを検討している。最近作家の講演を気軽に聴ける機会が増えており、作家と読者の距離が近くなっているが、その背景にはこうした「親近感」を求める傾向が影響しているのだろう。

本筋から少々離れるが、文中にしばしば登場する『宇宙兄弟』の小山氏のエピソードが印象的だった。一本の線を描くための定規にまでこだわる彼の仕事への姿勢とたゆまぬ努力、そして本当に好きなことを仕事にしている人の強さを感じた。
ちきりん「「自分メディア」はこう作る!」(文藝春秋)


有識者の文章ではなく、一般人であるブロガーの記事が読まれるというのはどういう現象なのだろう?と思い、読んでみた。
読んでみると、ちきりんさんは自分なりのこだわりを持ってブログを運営してはいるようだが、サブタイトルにあるような「超戦略的」というほどの戦略があるわけではないと感じた。
筆者自身も書いているが、一つの記事が炎上したのをきっかけに、時代の波に乗って広がっていったのだろう。

しかし、ちきりんさんは子どものころから文章を読んだり書いたりすることが好きで、長年日記をつけるなど文章力には長けており、さらに米国の大学院に留学した過去もあり、外資系の会社で働くなど華々しいキャリアも持っているようなので、はじめから物事を考察し文章にまとめあげる素地を持っていたことがわかる。当たり前だが、何もないところで理由もなくブログがヒットするわけもなく、そうした素地のあるちきりんの記事が多くのひとに「うけた」のであろう。

ベストエントリを見ると、納得できる内容の記事もあるが、これは確かに炎上しそうだという記事も多分にある。(貯金をすることは自分が今後それ以上稼げないことを証明しているようなものだからお金はすぐに使え、という記事や、就職活動を適正化するために企業は学生から受験料をとるべき、という記事など) これらも記事をもとに人々が議論を交わし、ブログが活性化するきっかけとなっているのだろう。

驚いたのは、ブログの人気が出てから、一気に出版社からの出版依頼が殺到していることだ。人気のブログを書籍化したら売れるだろうと、深い考えなしに出版社が次から次へとオファーをしているように見受けられ、出版が遅れたメディアであるように感じ、その姿勢にも悲しくなった。

今、ブログのみならずSNSなどによって多くの人が「自分メディア」を持つようになった。
新しいメディアとしてそれをどう生かしていくのかを考えるのは、とても楽しいことだ。