妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!な30代OLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ヤンソン・著、山室静・訳「たのしいムーミン一家」(講談社文庫)
ムーミンのキャラクターは有名だけれど、どんな話なのか実は全然知らなかったので、表紙がとてもかわいいこちらの本を購入。



原作はシュールだと聞いていたが、なるほど、ストーリー展開は結構はちゃめちゃで、頭の凝り固まった大人はついていくのに大変である。

めげずに最後まで読んでみて、この物語の魅力は「寛容さ」にあるのではないかと思った。
物語には癖のある登場人物ばかりが出てくる。しかし、ムーミン一家と暮らしながらも団体行動を好まないスナフキン、こわがりやのスニフ、偏屈なヘムレンさんはもちろん、人の物を悪びれず盗んでしまうトフスランとビフスランでさえも、みんなはその在り方を否定したりせず、仲間として認める。
来るもの拒まず、去るもの追わず。訪れてきたものがお腹を空かせていたら、どこの馬の骨かわからなくてもミルクを差し出す。
それぞれの個性が尊重され、みんながのびのびとしている。この寛容さが最後にはルビーを奪いに来た飛行おにまでも受け入れ、楽しい気分にさせてしまう。

「寛容」なのは人に対してだけではない。ムーミン一家は自分たちが置かれた状況に対しても寛容だ。この物語では嵐や洪水に遭ったり、夜にニョロニョロたちが襲いに来たり、魔法のぼうしによって部屋がジャングルになってしまったりと、少し不気味で不思議な事件が次から次へと起こるが、それらをも受け入れ、時には楽しんでしまう。このおおらかさ!

児童書なのですぐ読めるし、ムーミンをきちんと読んだことがない人は、1冊試しに手に取ってみてはいかがだろうか。
スポンサーサイト
サン=テグジュペリ・著、河野万里子・訳「星の王子さま」(新潮文庫)
子どもの頃に読んだ時にはその価値が理解できなかったのに、大人になって読み返してみると全く違う意味と価値を感じさせてくれる本がある。この本がまさにそうだ。

星の王子さま (新潮文庫)星の王子さま (新潮文庫)
(2006/03)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る


詩情豊かで、珠玉の言葉がちりばめられている本書は、さながら名言集のようでもある。
あまりに有名だが、その一例をあげると次のようなものだ。

「いちばんたいせつなことは、目に見えない」
「人は、自分のいるところにけっして満足できない」
「星々がうつくしいのは、ここからは見えない花が、どこかで一輪咲いているからだね…」

サン=テグジュペリは、作品を通してユーモアと皮肉たっぷりに大人を批判する。
物事を固定観念でしか捉えようとせず、本質を見る目を失ってしまった大人。
無意味な金儲けに目がくらみ、本当に大切なものを犠牲にしている大人。
自分の足で歩き、目で見て確認することを忘れてしまった、頭でっかちの大人…。
冒頭の「ぼく」の絵を理解してくれない大人達のエピソードや、王子さまが行く星々で出会う滑稽な人々の姿は、そういった大人の象徴である。
「大人=悪、子ども=善」という見方自体、ある種の固定観念なのではと感じなくもないが、大人なら誰しも身につまされる話の一つや二つはあるだろう。

しかし、この作品の主題は、恋愛哲学なのではないだろうか。
王子さまとバラのエピソード、そしてキツネとのやりとりを通じて、筆者の考える恋愛の本質が描かれている気がしてならない。

自分にとって唯一の存在だと思っていた相手が、実は他のものたちとなんら変わらないありふれたものだと気づいたときのショック。
そのありふれたものの一つを自分にとって特別な存在にするためには、我慢強く時間をかけて絆をつくること。
誰かに「なつく」と、それに付随するさまざまなものまで美しく思えて、日々が楽しくなること。
別れはつらいけれど、たとえ誰かを失っても、どこかにいると信じることで、毎日はきらきらと輝き続けること。

平易な言葉でつづられてはいるが深く心に響くメッセージである。

お話のエンディングはとても悲しい幸福に包まれている。そして、ふだんのあくせくした日常では感じられないような、静かな感動に浸ることができるのだ。
まさに、大人のための童話、である。