妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!な30代OLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

平川克美「グローバリズムという病」(東洋経済新報社)


昨今のグローバリズムが抱える問題点を説いた本。
時に歴史を紐解きながら現状を分析していく、という展開の仕方はどこかで読んだな、と考えてみたら、以前読んだ、佐々木俊尚氏のレイヤー化する世界―テクノロジーとの共犯関係が始まる (NHK出版新書 410)に類似しているのだった。
特に政治経済史に弱い私のような読者にとってはありがたく、「うすぼんやりと知っている」レベルのことを再学習できたような気がする。

筆者は別にアメリカ嫌いなのではないと繰り返し書いているが、あまりそうは感じられず、アメリカ・株式会社・安倍政権への批判を中心に、しばしばやや感情的になっているような節がある。筆者自らが書いている通り、論文というよりはエッセイと捉えて読んだほうがよいのだろう。
話題は多岐にわたっているが、本書を踏まえ、グローバリズムについて個人的に危機を覚えるのは下記の3点である。

・世界の画一化と文化の破壊
最近よく耳にする、「世界のどこにでも通用するグローバル人材」とはなんだろう。
英語でビジネスができる人材を育成するための教育は、何を犠牲にして成り立っているのだろう。
その裏には、ローカルルール、ローカル言語の軽視、破壊があるのではないだろうか。
グローバル化は文化の多様性の喪失と表裏一体の関係にありはしないだろうか。

・貧富の格差の拡大
株式会社は、経済が右肩上がりで成長し、投資した資本が増加することを前提として成立している以上、成熟した先進国の株式会社は新たなフロンティアとして発展途上国を目指していく。その結果が招くのは貧富の拡大である。(その詳細は本書参照)
更なる豊かさを求める株式会社が国民国家を貧しくしていく。

・非人間化
多国籍企業が求める経済合理性。安倍政権が目指す、「世界で一番企業が活動しやすい国」。
それを追求していくと、「残業代ゼロ法案」「解雇特区の設置」に代表されるように金儲けのために人間が犠牲となるような、本末転倒な結果に陥る。企業の金儲け、効率化のみを考えていくと、企業の方針はどんどん非人間的になっていく。

真の豊かさとは何か、これからの世界に求められるもの・人材とはなんであるのか、改めて考える必要がありそうだ。

スポンサーサイト