ことばは、今も。
小説を中心に、ビジネス書や古典まで。本好きOLの読書日記です。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

土居健太郎「10年つかえるSEOの基本」(技術評論社)
SEOの具体的なテクニックなどが書かれている本ではなく、考え方をシンプルにまとめた本。
あっという間に読めてしまうので、私のような全くの初心者が概念を理解するのには良いが、既にSEOについてある程度勉強している人だと物足りないかもしれない。



SEO対策というと、以前問題になったDeNAのまとめサイトのように質の悪いコンテンツを大量に用意したり、キーワード検索に引っかかるよう、日本語が不自然でもよいからとにかくキーワードを大量にちりばめる、といった悪いイメージが強い。
しかし、この本は至極真っ当で、検索する人にとってよいサービスにしよう、質の高いコンテンツを充実しよう、ということを繰り返し述べている。
検索の仕組みもどんどん進化しているため、今後は質の悪いコンテンツ、いわゆるマジックハットSEOは機能しなくなっていく、というのが本書の主張だ。

本書のポイントをまとめると下記の通りである。

1)検索エンジンは「検索する人の質問に回答する仕組み」
SEOの基本的な取り組みは、検索する人にとって「回答」となるコンテンツを用意し、アルゴリズムの選定の結果、優先的に表示されるようにすること。

2)現在はSNSなど検索以外の流入経路が増え、また検索されるキーワードも様々
まず、ターゲットとする人がどのような背景において、どんなキーワードで検索しているのか知る必要がある。具体的なキーワードから、検索者のニーズをうかがい知ることもできる。

3)ページのタイトルが重要、meta descriptionにもキーワードを入れてわかりやすく表現する

4)小手先のテクニックではなく、すぐれた独自コンテンツを生み出すことが何より大事

5)サイトのリンクを集めることは最重要項目の一つ
継続的にコンテンツを制作して人を集め、リンクが自然に増えていくと好循環でサイトを訪問する人が増えていく

キーワード検索は調べたことがなかったが、見てみると面白そうだ。
私はHP担当者などではないので、現状、実際に業務でSEO対策をすることもないが、先述のようなブラックSEOがはびこるのではなく、本書に書かれているように、SEOが優良コンテンツへと人々を導くために有益なものであるとよいと思う。
スポンサーサイト
佐渡島庸平「ぼくらの仮説が世界をつくる」(ダイヤモンド社)
講談社で『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』などの大ヒット漫画の編集を担当したのち、作家エージェントのコルクという会社を立ち上げた、出版業界で有名な佐渡島氏の仕事論。



非常に共感できる部分もあるが、職種や業界が異なるとそうともいえない部分もあると感じた本だった。
たとえば、前半に書かれている、「今あるデータ(類書の分析など)から企画を立てると前例主義的になりがち。みんなが賛同するような企画は新しいものではない。既存のデータをもとに新規の企画を立てるのではなく、自分の感性を大切にせよ」という部分。
その後で、自分で仮説を立ててから検証をするべし、と検証のステップを入れてはいるものの、自分に都合の良い情報ばかりを集めて企画が 独りよがりのものになる危険性があると感じた。漫画のようなエンタメ系だと感性が求められるので、自分の感覚を大切にして良いのかもしれないが、業界が異なるとまた状況は変わってきそうだ。
しかし、後半にある自分の意見を大切にする、という部分はどの業界でも通じることだろう。会議などで安易に付和雷同していると、次第に自分の意見が分からなくなってくる、という経験はある。

なるほどな、と思ったのは、プロの文章を読むよりも友人の書いた他愛もないSNSの投稿を人々が読んでしまう原因を分析した第3章だ。これは親近感によって人が感じる面白さが変わるからだ、という仮説を立てた筆者は、いかに作家と読者の接点を設け、親近感を持ってもらうかを検討している。最近作家の講演を気軽に聴ける機会が増えており、作家と読者の距離が近くなっているが、その背景にはこうした「親近感」を求める傾向が影響しているのだろう。

本筋から少々離れるが、文中にしばしば登場する『宇宙兄弟』の小山氏のエピソードが印象的だった。一本の線を描くための定規にまでこだわる彼の仕事への姿勢とたゆまぬ努力、そして本当に好きなことを仕事にしている人の強さを感じた。
伊達敦「まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい「会社の数字」」(講談社)
かろうじてまだ二十代、「若手社員」のつもりなので、こちらを読破(笑)




会計の知識がほとんどない人向けに会計の基本のきを教える本。
それぞれの章の冒頭にケース・ストーリーがあるので、気軽に読み進めることができる。
そして、第一章の冒頭で、いきなり自社が黒字倒産する、という衝撃的なストーリーから始まるので、危機感を煽られて読む気になるはず。

扱っているテーマは下記のとおり。

・資金繰り…流動資産と流動負債から、支払い能力をはかる
・損益分岐点と採算性
・借金によるレバレッジ効果
・金融商品の投資リスク
・約束手形とは
・取引先分析…ABC分析
・人件費と労働分配率

広く浅く基本の「き」を教えてくれる本なので、就活生などが読むと勉強になると思うが、社会人数年目となると、ちょっと物足りなく感じるかもしれない。
本書を読んでもっと詳しく知りたいと思ったら、別の本にあたる必要がありそうだ。

川上昌直「ビジネスモデル思考法」(ダイヤモンド社)
会社でビジネスモデルを考えるプロジェクトに参加している関係で、読破。

ビジネスモデル思考法 ストーリーで読む「儲ける仕組み」のつくり方ビジネスモデル思考法 ストーリーで読む「儲ける仕組み」のつくり方
(2014/11/13)
川上昌直

商品詳細を見る


物語を通じてビジネスモデルの作り方が紹介されていくという「もしドラ」式の本。
赤字経営が続いているシューズメーカーを立て直すため、セールス部の須藤が全く新しいビジネスモデルを構築し、成功を収めるまでのストーリー。
ビジネスモデル構築のための主なポイントは下記の通り。

・ニーズではなく、顧客が「片づけるべき用事」(顧客が本当に求めているものは何か)に着目することが大事
・儲ける仕組みはハイブリッド・フレーム(右脳(顧客満足)と左脳(利益)の両方を同時に思考すること)で生まれてくる
・ビジネスモデルの要素としては「顧客価値」と「利益」の2つの軸と「プロセス」にWho・What・Howの3要素を入れ込んだ「9セルメソッド」を埋めていく形で考える
・顧客が問題意識を持ってから商品を購入し、廃棄してアップグレードするまでの「顧客の活動チェーン」を作成し、どこに課金ポイントがあるかを考える。通常は「購入」の部分しか考えないことが多いが、購入前・購入後にも課金ポイントはある

物語の中で、ゼミ生の発表あるいは社員の調査という形で、さまざまな企業の事例が載っているのも興味深く、多くの企業への応用がききそうである。個人的には、ジョージ・ルーカスの映画におけるビジネスモデルが大胆で面白かった。

ただ、この書籍に載っているビジネスモデルを模倣してもただの二番煎じになってしまう。各社さまざまな制約などがある中で独自のビジネスモデルを構築するのはなかなか難しいだろうが、「9セルメソッド」や「顧客の活動チェーン」を取り入れてビジネスモデルを考えてみたい。


藤原実「まいにち見るのに意外と知らないIT企業が儲かるしくみ」(技術評論社)
まいにち見るのに意外と知らない IT企業が儲かるしくみまいにち見るのに意外と知らない IT企業が儲かるしくみ
(2014/03/11)
藤原 実

商品詳細を見る


全く違う業界の人がウェブの世界で儲ける仕組みを広く浅く知るにはいいかもしれないが、一つ一つの説明が雑で、結局詳細は分からずじまい、基本を知っている人が読んでも学べるポイントは少ない、という印象の本。

IT企業が儲けるためのキーワードは、
①広告・ ②フリーミアム戦略・ ③課金ポイントの見極め といったところか。
つまり、①Googleアドワーズの複雑な仕組みの検索ワード広告、クリックすると報酬がもらえるリワード広告など多種多様な広告で儲け、②③入り口を無料にすることで多くのユーザーを集め、いかに戦略的に課金していくか がポイントとなる。

後半では、ソニーや楽天は実は金融で儲けている、iPhoneはほぼ単一モデルのため、大量生産により原価を安く抑えられている、などといったまさに「意外と知らない」(私が知らないだけで世間では常識かもしれないが)さまざまな企業の事情を紹介。
さらには株価についての情報や会社の立ち上げ方、グローバル企業の国境を越えた節税対策などに話がおよび、少々まとまりがない印象。

それぞれのトピックについて詳しく知りたい場合は、さらに別の書籍やウェブで勉強する必要がありそうだ。