妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!な30代OLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

山本敏晴「世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団」(小学館文庫)
「世界一の短命国ってどんな国だろう?」そんな軽い好奇心から手に取った本だが、想像をはるかに超える実態に衝撃を受けた。



ここに書かれているシエラレオネの実態は、日本では考えられないことばかりだ。
不衛生で、杜撰で、健康についての知識や常識が通用せず、むごくて悲惨な歴史を持った国。
読んだだけで病気になりそうな気がして、読み進めるのがしんどい部分もしばしばあった。少なくともカフェでゆったりお茶をしながら楽しめるタイプの本ではない。
しかし、本書は私のような国際協力に無知な人間に考えるきっかけを与える、非常に大きな意味のある本だと思う。はじめは不謹慎にも思えた明るく軽妙な筆者の語り口に励まされ、結局短期間で読み切った。

ここに書かれているシエラレオネの実態例をかいつまんでご紹介したい。(本書が描かれた2002年当時。現在は改善されていることを期待したい)

★不衛生
トイレに行ったら無数の虫。そしてその虫は様々な病原菌を媒介する。おしりは手でふき、水がないときはそのまま。日本の5倍ほどのサイズのゴキブリがうようよいる。川や土の中には日本には存在しない、人を死に至らしめる恐ろしい寄生虫が多数いる。国民の1/3はHIVに感染しているといわれているが、採血の針は使い回し。お店で売られている食品は腐っている。

★医療体制の崩壊
内戦でインフラとともに病院は破壊され、医療関係者の多くは国外に逃亡し、国内にいるごく一部の医者は超特権階級としてふんぞり返っており、医者の仕事をほとんどしない。薬は不法に転売され、不適切に使用されているので病原体は耐性化し、薬も効かなくなっている。

★今も色濃く残る、むごく暗い歴史
長く戦争が続いたこの国では、国力を疲弊させることを目的とした一般市民の四肢切断や、子どもを麻薬漬けにして子ども兵とするなど、想像を絶するむごいことが行われていた。更に歴史を紐解けば、植民地時代、奴隷の歴史にさかのぼり、あまりに読むのがしんどく、人間としての尊厳とはなんだろう、と思ってしまう。

★常に危険と隣り合わせの国際協力
強盗、強姦、殺人が多発するこの国では、医師団の人たちは常に危険と隣り合わせ。身を守るために24時間通信用ラジオを持ち、車で行動する。郵便物は100%盗まれ、何も届かない。

さて、私にとってあまりに強烈だったので、シエラレオネの実態ばかり書いてしまったが、この本の重要な部分は「あるべき国際協力の姿とは何か?」を問いかけている点だろう。
「正しい医療を伝えるんだ」と固執すれば、ただの西洋文化の押し付けになり、一時的に物資や金銭を「支援して」も根本的な解決にはならない。なによりも難しいのが彼らの伝統文化と西洋医療との関係性であると感じた。たとえば、シエラレオネの通過儀礼として定着している割礼。先進国の医療関係者からすれば自ら病気にかかろうとしているようなとんでもない慣習だが、「医学的に危険だからやめろ」と強制するのは文化の破壊、価値観の押し付けになってしまう。
国際協力をする人たちの中にも考え方の差があるだろうが、「選択肢を示し、判断は現地の人に任せる」という筆者の考え方には非常に好感が持てた。

また、大切なのはこの悲惨な状況の背景を考えること。何がこの国をこういう事態にしてしまったのか、その点をもっと学びたいと思った。

国際協力に参加する人は強い意志と行動力をもった人ばかりだと思っていたら、意外にも軽い気持ちで参加し、途中でトラブルを起こして帰国してしまう人も多いようだ。それもどうかとも思うが、何もしない私よりは行動に起こした者の方が意味がある様な気もする。
そしてそんな行動力も勇気もない人間に遠いアフリカの一国の実態を伝える、貴重な本を読めてよかったと思う。途中しんどかったけれども。
スポンサーサイト
池上彰・佐藤優「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」(文春新書)


世界史の知識に乏しく、「イスラム国」をはじめとする最近の国際情勢をニュースで見ていていも、その歴史的経緯などが判然としないので、読んでみた。
しかし、この本はある程度世界史の知識があり、且つ日ごろきちんとニュースをチェックしている人に向けて書かれており、私のような知識に乏しい人間が読んでも、いまいちよくわからない。地図も載っておらず、順序立てて歴史を述べている本でもないので、初心者にとっては不親切に感じられるだろう。
本書で触れているテーマは、中東の情勢、中国、ドイツ、アメリカ対ロシア、日本の沖縄問題、各国の教育状況…と多岐に渡るが、興味深った二点を下記に述べる。

1・中東の情勢
イスラエルのインテリジェンス機関の元幹部をして「分析不可能」といわしめている中東情勢。確かに読めば読むほど「スンニ派とシーア派」という単純な対立ではなく、入り組んだ状況だとわかり、混乱してくる。
印象に残ったのは、過激派イスラム組織が「イスラム教への改宗を拒むものは殺してよい」とするイスラム法に基づいているということである。本書の後半では核問題について触れられているが、こんな危険な法に基づいた思想を持つ「イスラム国」が核を持ったらどうなるか…考えるだけで恐ろしい。

2・植民地統治と人材育成
植民地統治期に帝国がどのような人材育成を行ったかが、今日の現地の大学の存在に通じている、という話が面白かった。特に沖縄に対して高等教育機関を作らなかった日本と、戦後すぐに英語学校を設立して琉球大学を作ったアメリカという対比が興味深い。教育が政治と密接にかかわっていることを痛感させられる話である。

私にとって役立ちそうなのは、本文よりもむしろ本の最後に載っているブックガイドだ。お二人が薦める世界史の本がいくつか掲載されているので、とても参考になる。特に池上氏が薦める高校の「世界史A」の教科書はこれから探しに行きたいと思った。
谷山浩子「Amazonで変なもの売ってる」(イースト・プレス)
幼少期にNHKの「みんなのうた」で「まっくら森の歌」に出会って以来、私がひそかに「不気味メルヘンの女王」と呼び、尊敬してやまない(?)シンガーソングライターの谷山浩子さん。
彼女が小説を書いていたと知り、購入してみたのがこちら。



谷山浩子さんの小説なんてきっとさぞかし意味不明なのだろう、と期待して(?)読んでみたが、期待を裏切らない訳の分からなさである。小説の中でも「谷山浩子ワールド」は健在だった。

前半は、それでもまだ理解できる。ミカルとハルルがAmazonで売られている変なものを買ったことをきっかけに「見えない族」と知り合い、不可思議な現象に巻き込まれていく。
あらすじから、アイロニーや主張のようなものを感じ、次のように解釈もできる。

ミカルとハルルが同じものを全く違う姿かたちで捉えていることから・・・人は自分の解釈(フィルター)を通じてしか現実を見ることができない。
「ザザホン」の話から・・・近頃の人はケータイを通じて人とつながることに躍起になり、人からどう見られるかばかりを気にするあまり、身動きがとれなくなっているが、それは本末転倒である。
ミカルが占い師の水鏡アリアを訪れる話から・・・占いは心の鏡。他人から占い結果を聞いていても、結局は自分にとって都合の良い解釈をしているだけである。

と、私はこのように解釈したが、後半のお風呂の話以降、特にハルルが液体化したあたりからは不可解度がグレードアップしすぎて、お手上げ状態。

お父さんが存在しなかったことになっている!
液体化して、水道から出てきたハルルはどうなっちゃったの!

お父さんは「見えない族」の者で、お母さんは「見えない族」が見える「見える族」だから、その子どもであるミカルとハルルは「見えない族」が見えたのか?(自分で書いていてこんがらがってきた)

謎が謎のまま終わっていて、不気味な後味が残って、なんとも消化不良である。
でも登場人物の会話のやりとりは面白く、くすっと笑ってしまう。そして不可解な世界を描きながらも、Amazonやヤマト運輸などが出てきて、妙にリアリティのある設定のミスマッチさ。この発想は誰にもまねできないだろう。さすが谷山浩子さん。
もしかしたらこの小説に意味なんてなくて、ただ好き勝手に書いただけの作品なのかもしれない。そのほうが納得がいくかも。だって谷山浩子さんだし。

とりあえず、ハルルはミカルのとばっちりを受けすぎてひどい目にあっている、という点は、間違いないはず。