妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!な30代OLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

作者未詳、蜂飼耳・訳「虫めづる姫君 堤中納言物語」(光文社古典新訳文庫)
岩波文庫で原文を読みながら光文社古典新訳文庫で現代語版を読むという「二刀流」で「堤中納言物語」を読んでみたら、なかなか面白かった。
「堤中納言物語」そのものの概要と感想については岩波の感想にまとめ、現代語訳の感想、岩波文庫と光文社古典新訳文庫の比較については、光文社の感想にまとめることにする。
よって、こちらでは現代語訳の感想などを。




光文社古典新訳文庫の訳は「新訳」とだけあってかなり現代風だ。普段古典を読まない人でも気軽に読めるよう配慮されていると感じるが、一方である程度古文を読み慣れていてかたい訳に慣れている人だとやや違和感を覚えるかもしれない。
たとえば少納言に「さん」づけをしているなど、他ではない訳し方だろう。

この訳が秀逸なのは、表題にもなっている「虫めづる姫君」の姫君のセリフだ。ややぶっきらぼうな口調が姫君のキャラクターとマッチして生き生きと描かれていると感じた。

また、面白いのは解釈が分かれる部分で、ことごとく岩波文庫と反対の解釈をしている点だ。
たとえば「桜花折る中将」のラスト。岩波文庫の注釈では「尼君のご器量はこの上もなくすばらしかったんだけれど」(でも年寄りじゃ、仕方ないよね、という意図か)。一方、こちらでは「中将はたしかに好青年ではあったけれど」(でも姫君と尼君を間違えるなんて、マヌケだよね、という意図か)となっている。
こういった解釈の違いを比較しながら読んでみるのも面白く、楽しい読書体験となった。


スポンサーサイト
大槻修・校注「堤中納言物語」(岩波文庫)
岩波文庫で原文を読みながら光文社古典新訳文庫で現代語版を読むという「二刀流」で「堤中納言物語」を読んでみたら、なかなか面白かった。
「堤中納言物語」そのものの概要と感想については岩波の感想にまとめ、現代語訳の感想、岩波文庫と光文社古典新訳文庫の比較については、光文社の感想にまとめることにする。
よって、こちらでは作品そのものの概要と一言感想を。



「堤中納言物語」はそのタイトル名の由来も、成立した年も、作者もよくわかっていないという、謎の多い物語集だ。
しかし、読んでみると一遍一遍にとても個性があり、現代人が読んでも魅力を感じる作品が多い。それぞれの作品の概要は以下の通り。

★花桜折る中将★
とある好き者の中将は、荒れた家に通りかかった時、偶然その家に住む美しい中納言の姿を垣間見る。中納言が近々帝のもとに引き取られると知った中将は女を自分のものにするため、さらおうと企てる。しかし、計画は失敗。中将は女と誤って老婆をさらってしまうのだ。
間抜けな話だが、悲惨なのはこの老婆。人違いで誘拐された上に1人で逃げ帰ったのだろうか・・かわいそうに。

★このつゐで★
女房たちのおしゃべり。香炉を囲んで三つの小話が展開される。夫と息子との別れを嘆く女性、世をはかなんでいる女性、出家しようとする訳ありの女性、と厭世的で鬱々とした話ばかりが展開されるが、最後に帝が中宮のもとを訪れるシーンが展開され、そこでぱっと光がさすように迎えるラストが鮮やか。

★虫めづる姫君★
蝶より毛虫が好きで、世間体や常識にはとらわれない、かなり個性的な姫君に、とある貴公子が興味を持つ。
この姫君、屁理屈を並べているようで意外と言っていることが名言めいていて、読んでいて小気味よい。間違っているのは世間一般で、正しいのはこの姫君なのではという気すらしてしまった。

★ほどほどの懸想★
下・中・上と三つの身分階層の者たちのそれぞれの恋模様を描いた作品。下層の小舎人童と侍女の恋は無邪気でかわいらしい。中層の侍者と女房の恋は遊びの恋、というか誰でもいいからとりあえず女に手紙を出す、といういい加減すぎる展開に唖然。上層の頭中将の恋は事情はよくわからないが鬱々としている。身分が上の人の恋は煩悶に満ちているとでもいいたいのか。

★逢坂越えぬ権中納言★
菖蒲の根合わせで活躍する中納言のイケメンぶりを描いた明るい前半と、恋に鬱々と悩む女々しい姿を描いた後半のギャップが激しい作品。同一人物とは思えない落差を感じる。そして、「菖蒲の根合わせ」で根の長さを競う、という遊びの発想が斬新。貴族ってなんて暇なんだろう…と思ってしまう。

★貝あはせ★
こちらは貝の美しさを競う「貝合わせ」の物語。子どもたちが姫君のために貝集めに奔走するものの、思うように貝が集められなくて困ってしまい、観音様に助けを求めてお祈りをする。それを垣間見た少将が観音様のふりをして、こっそり貝を届けてやる。大喜びする子どもたち。とても心がほっこりする作品。個人的には「虫めづる姫君」に次いで、この作品が好きだ。

★思わぬ方にとまりする少将★
「貝合はせ」とはうってかわって、こちらはなかなか悲惨な物語。零落した哀れな姉妹の身の上が描かれた上で、最後には夫婦交換というあってはならない事態が展開される。現代の女性の感覚で読むと、なんでも受け入れるしかないこの姉妹がかわいそうでならない。

★はなだの女御★
大勢の女たちが自分の仕える姫君を花にたとえて表現する。そして、それを覗き見ている好き者の男。当時の女性は花の知識が豊富にあって、それぞれの花のイメージを明確にもっていたから、こんなにさまざまな人を花にたとえることができるのだろう。残念ながらそんな豊かさを持ちえない私が読んでもただの単語の羅列にしか読めず、その感覚を理解できないのが悲しい。

★はいずみ★
優柔不断な男が妻を追い出して新しい女を迎えようとするものの、やはり妻がいとしくなって取り戻しに行く。挙句の果てに新しい女にも未練があって再び訪れたところ…女がおしろいと間違えて墨を顔に塗りたくってしまい、男をぎょっとさせる、というなんだかよくわからないとぼけた展開の物語。

★よしなしごと★
僧侶と恋仲になっている女に忠告をするため、師である僧が書いた手紙、という体の、いわば書簡小説。しかし、その手紙の中身ときたら、あれをよこせ、これをよこせ、と高価なものから粗末なものまでを列挙したもので、これのどのあたりが忠告になるのか、いまいちよくわからない。

★断章★
冬の鬱々とした恋が描かれる…と思わせたところで終わっている作品。ここから何が描かれるのだろう。想像してみると面白い。

「岩波文庫」には現代語訳はついていないが、その分注釈がしっかりしており、読解につまずきそうなところには解説もついているので、とても読みやすい。ある程度古文の読解力がある人なら、この岩波文庫だけでも十分内容を理解できそうだ。