妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!な30代OLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

梨木香歩「雪と珊瑚と」(角川文庫)
梨木香歩の小説といえば、学生の頃、『西の魔女が死んだ』が好きだった。
あれは確か、不登校の中学生の女の子が、西洋人である、自称「西の魔女」のおばあちゃんから生活の知恵と生きる力を学んでいく、静かな物語だったはずだ。
年長者から若者が「生きる力」を学ぶ、という主題は本書にも通じるものがある。



母親からネグレクトを受け、高校を中退し、結婚するもすぐに離婚。21歳でシングルマザーとなった主人公、珊瑚。
働きに出るために、年配の女性くららに幼子の雪を預けることになった珊瑚は、くららから食べることの大切さ、料理の魅力を教えられる。食に強い関心を抱いた珊瑚は、惣菜カフェを開くために邁進する。
逆境の中、友人たちに支えられ、カフェ開業という夢を実現させる、というサクセススト―リーは、いかにも20代、30代の女性に好まれそうだ。

おかずケーキ、小玉ねぎのスープなど、本書に登場する数々の料理は自然の恵みをたっぷり含んで、いかにも健康的でおいしそうだ。レシピ集などがあったら欲しくなってしまう。実際に料理をしたくなる。
そして、やはり食べることは生きることだと感じさせられる。

しかし、本書にはカフェ開業までの手順が具体的に描かれており、その点は現実的なのだが、どうも話がうまくいきすぎていて、「ファンタジー感」が否めない。そもそも「赤ちゃん、お預かりします」と玄関先に張り紙を出している、素性のわからない女に大切な赤ちゃんをいきなり預けてしまう、という冒頭部分からして非現実的だ。
また、育児を放棄し、現在は何らかの宗教施設にいると思われる珊瑚の母親の人物背景や、珊瑚への敵意をむき出しにする美知恵の心理状況など、気になる部分が明確にされないまま小説が終わってしまう点に、消化不良の感が残る。


スポンサーサイト
夏目漱石「吾輩は猫である」(新潮文庫)


面白くないことはないのだが、いやむしろくすっと笑ってしまうような小説なのだが、とにかく長い。
長すぎて飽きる。

私は何年も前に本書を購入して途中まで読んだものの、飽きてしまって挫折した。その後、妹に本を貸し出したら、妹も挫折。
しかし、今年は漱石生誕150周年ということもあるので、今度こそは読破しようと固く決意。再び読み始めて半分までは順調にいったものの、その後やっぱり飽きて読むペースが格段に落ち、結局2ヶ月もかかって読み終えた。

本書は猫の「我輩」のご主人、中学教師の苦沙弥先生と愉快な仲間たちによるまぬけな日々を綴った物語。
何の才能も人徳もない、偏屈な英語教師の苦沙弥先生。
口だけは達者で人を担いでばかりいる、自称美学者の迷亭先生。
物理学者で金持ちの女から求婚されているものの、毎日球を磨くだけの日々を送り、時には椎茸で前歯を折ってしまったりする、格好良さを微塵も感じられない青年、寒月。
金と地位とプライドがすべてで、やたらと立派な鼻を持つ、高慢ちきな金田夫人。
…とまあ、書き出せばきりがないが、奇人変人ばかりが登場する物語なのである。

迷亭先生らはインテリぶって、嘘かまことかわからない西洋の知識をひけらかしながら、日々とんちんかんな談義をしている。
金田夫人は苦沙弥先生らに侮辱されたことを根に持って、近所の子分を使ってひたすら地味な嫌がらせを繰り返している。
なんとまあ、人間とはくだらない生き物なのだろう!
そんな人間達を「上から目線」の冷ややかな目で観察しているのが、元野良猫の「我輩」であるが、猫も傍観者として存在しているだけではない。
餅をのどにつまらせて死にかけたり、鼠を捕まえようとしてひどい目にあったり、カラスに邪魔をされたり、挙句の果てには酔っぱらっておぼれたりと、この作品の登場人物としての猫にふさわしく、まぬけな日々を送っているのだ。

そんなばかばかしい物語を格調高い漢文調の文章でシニカルに描いており、そのギャップが絶妙に面白い。
そう、部分部分で見ていくと面白いのだが、全体的に大きな起承転結があるわけではないので、
本を読み進めるモチベーションを維持しづらく、特にどうでもいい迷亭先生らの「演説」が始まってしまうと、途端に読む速度が落ちるのだ。もっとも解説を読むと、この小説ははじめ独立した短い小説で、それを継ぎ足し継ぎ足しして書かれているうちに現在の形になったようだから、無理はないかもしれない。

ところで、本書の中で「個人主義批判」のようなものが書かれており、こんなに個人主義が進むと、日本の未来では男女は結婚しなくなる、離婚が増える、などと迷亭先生が論じているくだりがあるが、あながち間違った未来予測でもなかったりするので、おもしろい。