妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

岡田暁生「西洋音楽史」(中公新書)
目の前にある楽譜と向き合って、音楽を作り上げていく。それだけでも十分面白いけれど、その曲を歴史の中に位置づけて眺めてみたら、もっと面白いのではないか、と思って手にした本。

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)
(2005/10)
岡田 暁生

商品詳細を見る


専門用語も多いので、ある程度クラシックに精通していないと難しいかもしれないが(したがって私には少々難しかった)、これ一冊で中世から20世紀までの音楽史を俯瞰でき、とても勉強になった。
概要を時間軸にしたがってかなりざっくりまとめると、下記のとおり。

・中世…はじめにグレゴリオ聖歌ありき
芸術音楽の起源は聖歌。もともと単旋律だった聖歌に「ハモリ」を加えるようになったのが作曲のはじまり。
音楽は神の秩序の存在を示すためのものだった。

・ルネサンス…宗教合唱曲の黄金時代
教会の権威の失墜とともに、人間が楽しむための音楽が誕生。15世紀にはフランス周辺から大量の作曲家が誕生。無伴奏の宗教合唱曲の黄金時代となるが、しだいに世俗曲と宗教曲が混ざり合っていく。作曲家・作品という概念が誕生。16世紀には器楽曲が大量に書かれるようになる。

・バロック…絶対王政下の音楽
宗教のための音楽は、絶対王政下における、王の祝典のための音楽へと変わっていく。祝典のBGMとしてバロック音楽が作られた。オペラ、協奏曲などが初めて登場。オペラの誕生により音楽で喜怒哀楽を表現できるようになる。
拍子感、三和音、長調・短調など今に続く音楽の「常識」が確定したのもこの時期。
バッハはバロック時代の作曲家として有名だが、当時からすると「時代遅れ」の存在で、当時の作曲家の典型例ではない点に注意。

・古典派…市民による、市民のための音楽
市民階級の勃興により、市民にも音楽が普及。楽譜印刷業がさかんになり、演奏会も頻繁に開かれるようになる。ハイドンは公開演奏会で大成功を収めた最初の作曲家。

・ロマン派…芸術音楽の黄金時代
19世紀になり、現在でも著名な大作曲家が大量に誕生。音楽批評、音楽学校などが誕生。一方で音楽が大衆化したことにより、芸術性よりわかりやすさを追求した曲のほうがうけるように。
パリの成金たちのためのサロン音楽と対照的にドイツの中産市民のためのかたくまじめな音楽が普及。

・後期ロマン派…西洋音楽史の最後の輝き
第一次世界大戦後は、戦争による文化的基盤の破壊に加え、ストラヴィンスキーはじめ、作曲家による伝統的な音楽の破壊が行われるように。

・第一次世界大戦後…ロマン派への嫌悪
崩壊後の秩序の再構築が課題に。過去のスタイルの換骨奪胎が行われる。

・20世紀の音楽…芸術音楽はアングラ音楽に?
巨匠によるクラシック・レパートリーの演奏が注目される一方、芸術音楽は一般人には理解しがたい前衛音楽に。
サロン音楽の類をルーツに持つポピュラー音楽が普及。

本書の中では優れた音源もたびたび紹介されているので、折に触れて聴いてみたいと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/14-a3524bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)