妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

川上昌直「ビジネスモデル思考法」(ダイヤモンド社)
会社でビジネスモデルを考えるプロジェクトに参加している関係で、読破。

ビジネスモデル思考法 ストーリーで読む「儲ける仕組み」のつくり方ビジネスモデル思考法 ストーリーで読む「儲ける仕組み」のつくり方
(2014/11/13)
川上昌直

商品詳細を見る


物語を通じてビジネスモデルの作り方が紹介されていくという「もしドラ」式の本。
赤字経営が続いているシューズメーカーを立て直すため、セールス部の須藤が全く新しいビジネスモデルを構築し、成功を収めるまでのストーリー。
ビジネスモデル構築のための主なポイントは下記の通り。

・ニーズではなく、顧客が「片づけるべき用事」(顧客が本当に求めているものは何か)に着目することが大事
・儲ける仕組みはハイブリッド・フレーム(右脳(顧客満足)と左脳(利益)の両方を同時に思考すること)で生まれてくる
・ビジネスモデルの要素としては「顧客価値」と「利益」の2つの軸と「プロセス」にWho・What・Howの3要素を入れ込んだ「9セルメソッド」を埋めていく形で考える
・顧客が問題意識を持ってから商品を購入し、廃棄してアップグレードするまでの「顧客の活動チェーン」を作成し、どこに課金ポイントがあるかを考える。通常は「購入」の部分しか考えないことが多いが、購入前・購入後にも課金ポイントはある

物語の中で、ゼミ生の発表あるいは社員の調査という形で、さまざまな企業の事例が載っているのも興味深く、多くの企業への応用がききそうである。個人的には、ジョージ・ルーカスの映画におけるビジネスモデルが大胆で面白かった。

ただ、この書籍に載っているビジネスモデルを模倣してもただの二番煎じになってしまう。各社さまざまな制約などがある中で独自のビジネスモデルを構築するのはなかなか難しいだろうが、「9セルメソッド」や「顧客の活動チェーン」を取り入れてビジネスモデルを考えてみたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/25-735af149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)