妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

柚木麻子「本屋さんのダイアナ」(新潮社)
惜しくも先日の「本屋大賞」は逃したものの、方々で絶賛されていたので、前から読みたかった本。



16歳で出産したキャバ嬢の母と二人暮らし、「大穴(ダイアナ)」というDQNネームをつけられたせいで、常に周囲から馬鹿にされ、人とうまく打ち解けることができない、ダイアナ。
教養と品をまとった編集者の父と料理教室の先生の母に大事に育てられ、優等生として周囲から慕われている、彩子。
全く正反対の環境にいる二人は小学生時代に出会い、「本」という共通の趣味から瞬く間に親友となる。
しかし、お互いの環境の違いから些細なことで仲たがいをし、疎遠になってしまう。それでも二人は、常に心の片隅でお互いのことを気にかけ続け、成人してから、再びめぐり合う―。

本の紹介のされ方や、帯を読んだ印象から、これは儚くて強固な女の子独特の友情を描いた作品で、最後は前向きな気持ちにさせてくれる物語なのだろう、と期待して読んだ。しかし、私が期待していた話とは大きく異なり、とてもひりひりした読後感の作品だった。

まず感じたのは、この作品に漂う男性への強い不信感である。女を踏みにじる男、だらしない男。この小説には許しがたい男性ばかりが次々と現れ、読者の気を滅入らせる。「男性=強者、悪、加害者」「女性=弱者、善、被害者」というはっきりとした二項対立が感じられ、さらにまるで男性と付き合うのが悪いことのように描かれているシーンも目につく。
どうしてこんな小説になってしまったのだろう?とあまりに気になったので、作者の柚木氏へのインタビュー記事を探してみたところ、「今回の本は、現代の女の子を取り巻く性的な問題を取り上げようというのが出発点だった」とおっしゃっている記事を見つけ、さらに巻末の参考文献欄に、デートレイプの本が挙げられていたことから合点がいった。つまり、この本を単なる女の子の友情物語と捉えること自体が誤っていて、作者の意図は他の方向性にも向いてたというわけだ。

もう一つ気になったのは、呪われるべき運命にあるのはダイアナのほうだと読めるような本の帯。私が読んだ印象では、むしろ彩子のほうが「呪われた運命」であるように感じた。自分の意志とは関係なく多感な時期に中学受験をさせられ、温室育ちで世の汚いもの、危険なものからの逃れ方を知らずに育ち、貴重な大学生活を男に狂わされ、編集者になりたいという夢を断たれた(最後のシーンで出版社への就職を目指すとは言っているが)彩子。特に大学時代の彩子の姿は、あまりに痛々しい。頑張り屋さんでまっすぐなのに、それが報われないおかしな方向に進んでいるのはまさに呪いである。私には、「彩子が呪いを解くまでの物語」として強く印象に残った。

と、なんだか批判するようなことをつらつらと書いてしまったが、この本の、特に後半部分には勇気をもらった。好きなのは、どちらも引用部分だが次の言葉である。
「私に命令できるのは、この世界で私ひとりだけ・・・・・・。私だけが私のすすむべき道をしめすことができる・・・・・・」
「自分の希望どおりにまっしぐらに進める人は、もちろんしあわせだと思いますが、たとえ希望どおりに進めなくても、自分にあたえられた環境のなかでせいいっぱい努力すれば、道はおのずからひらかれるものです。」

本の中に登場する、昔読んだ少女小説の数々も懐かしく、かつて文学少女だった私のような大人にはたまらない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/29-3bdb03d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)