妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ツルゲーネフ・著、神西清・訳「はつ恋」(新潮文庫)
その甘く美しいタイトルからは予想できない、おぞましさや何ともいえない嫌な感情を駆り立てる小説。



裕福な家庭に育った16歳のウラジミールは、別荘の隣近所に越してきた零落した公爵家の娘、ジナイーダに恋をし、以来、勉強も何もかも手につかないほど彼女に夢中になる。ところがある日、ジナイーダがウラジミールの父親と恋仲であることに気づいてしまう。
夫の不倫に気づいたウラジミールの母の計らいにより、一家は引っ越しをすることになるが、その先でもジナイーダとウラジミールの父が密会しているのを目撃し、ウラジミールは衝撃を受ける。しかし、その後父は病死、ジナイーダも出産の際に命を落とすことになる。

このジナイーダは、零落した家庭の娘でありながら、何人もの男性をかしずかせ、もてあそぶ高慢ちきな女で、男性を虜にするような魅力がどこにあるのか、少なくとも同性の私からは全く理解できない。彼女の母親もお金のことしか考えていないいやしい女で、小説内ではその醜さが浮き彫りになっており、ますますこの家庭の魅力は理解できないのだ。
そしてジナイーダを囲む、主人公を含む男達もなんとも情けない。今風にいうなら、「ビッチな女とそれに振り回されるアホな草食系男子」といったところか。ウラジミールの父も冷淡な女たらしだし、母は財力だけを鼻にかけた人間だし、ろくでもない登場人物ばかりでうんざりしてしまう。
うーん、ロシア文学は私には合わないのかもしれない。

語り手は寡黙であり、具体的な表現を避けたり、省いたりしている個所が多い。たとえば、ジナイーダをウラジミールの父が鞭で打つシーン。なぜ彼が鞭打つことになったのか、その理由は全く書かれていない。それから、ウラジミールの母が大金をモスクワに送ったというエピソードも、誰への、何のための送金なのか一切書かれていない。ジナイーダへの手切れ金だろうか。そして何より、ジナイーダが死ぬまでのその後の経緯も全く分からないのだ。
私はさらっと読んでしまったが、そういった部分に想像をめぐらせ、じっくりと「行間を読んで」みるのもいいかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/30-336c4433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)