妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

パウロ・コエーリョ・著、山川紘矢・山川亜希子・訳「アルケミスト 夢を旅した少年」(角川文庫)
羊飼いの少年は夢を見た。
エジプトのピラミッドのそばに宝物が隠されていると、子どもが彼に伝える夢を。
少年はその夢を信じて、羊を手放し、さまざまな困難に遭いながらも宝物を目指して旅を続ける。



本書は一見気軽に読める児童小説のようだが、含蓄のある言葉にあふれ、大人のための童話、といった印象を受ける。
その点で、「星の王子様」に似ていると感じた。ただし、こちらのほうが直接的でスピリチュアルなメッセージ性に富んでいる。

少年がどうやって宝物にまでたどり着くのかを知るのは、読破した者のみのお楽しみとして、
特に気に入ったくだりを紹介したい。

★自分を縛っているのは自分自身
「世界最大のうそって何ですか?」
「それはこうじゃ、人は人生のある時点で、自分に起こっていることをコントロールできなくなり、
宿命によって人生を支配されてしまうということだ。それが世界最大のうそじゃよ」


少年は旅する中で、自分の夢より「人からどう見られるか」を気にして現状に甘んじているパン屋や、変化を拒み、夢を叶えることをあえてせず、一生そこにとどまろうとするクリスタル商人に出会う。
しかし、彼らも本気で変わろうとすれば現状を脱することはできるのだ。
自分を縛って可能性を奪っているのは、実は自分自身なのである。


★だれも自分の運命を教えてはくれない
彼は自分の運命から逃げないために、聞いてはいけないことがあることを学んだのだ。
「自分の意志で決定すると約束したんだ」と少年は自分に言った


少年は謎の老人(セイラムの王様)に、物事の前兆を教えてくれる石、ウリムとトムミムを授かる。しかし、少年が宝物を見つけるかどうかについて、ウリムとトムミムは何も教えてはくれなかった。
運命は誰かが明示してくれるものでなく、自分の意志で決めて、切り開かなくてはならないものなのだ。


★自分の心と向き合う
「なぜ、僕の心に耳を傾けなくてはならないのですか?」
「なぜならば、心を黙らせることはできないからだ。たとえおまえが心の言うことを聞かなかった振りをしても、
それはおまえの中にいつもいて、おまえが人生や世界をどう考えているか、くり返し言い続けるものだ」


砂漠を旅する中で少年は、このまま突き進んでいくことに対する不安、愛する女を置いてきた悲しみなど、様々な感情に襲われる。そんなときはとにかく自分の心に耳を傾けろ、と錬金術師は言う。
自分の心に背くのはつらいことだ。しかし、一方で自分の本心を知るというのは案外難しかったりする。ふだん、自分の心は雑音にまぎれて分からなくなりがちだからだ。
自分の心に耳を傾けるには、どうしたよいだろう。

年とともに挑戦することを忘れ、ぼんやりしている大人は、本作を読むと、どきっとさせられることだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/34-d5909c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)