妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

パウロ・コエーリョ・著、山川紘矢・山川亜希子・訳「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」(角川文庫)


 小さな町で生まれ育ち、手堅い職を得、そろそろ結婚を...と平凡な人生を送っていた現実主義者の29歳のピラールのもとに、ある日、幼馴染の男性から「自分の講演を聴きにきてほしい」という手紙が届く。
12年ぶりに再会した彼は宗教家になっており、人々を癒し、教え導く奇跡の力を持っていた。
彼はピラールに12年来の愛を告白し、そして言う。自分と一緒に来てほしい、と。

ピラールは戸惑いながらも彼についていく中で、これまで失っていた本当の愛と信仰心を取り戻し、自分が本当にやりたいと思っていることに気づいていく。
一方で彼はピラールへの愛を断ち切り、このまま修道士として生きるか、彼女と結婚し、一般の人間として生きながら神に仕えるか,という究極の選択に迫られていた――。

信仰心のない私にとっては、聖母マリアをはじめとする神の女性性や、修道士の彼の説く奇跡の話は、 正直あまりよく分からない部分もあった。
しかし、一方で「人は失敗をおそれるあまり、“他者”に支配されるようになり、自分の本当にやりたいことを見失っていく」という話や、奇跡は毎日の生活の中にある、と説いている部分は以前読んだ「アルケミスト」と共通して筆者が主張しているテーマであり、無宗教の日本人でも分かりやすい。

3分の2くらい読んだところで、だいたい先が読めてしまったが、ラスト20ページで裏切られ、「えっ、こんな悲しい終わり方をするの?」と思ったら、エピローグで、いい意味で小さく裏切られた。
彼の奇跡の力は戻るだろう。そこには 苦しみもあるだろう。 でも自分の生きる道を見つけたピラールはきっと幸せなのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/45-ef266aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)