妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ヤスミンコ・ハリロビッチ・編著、角田光代・訳、千田善・監修「ぼくたちは戦場で育った」(集英社インターナショナル)


「子どものあなたにとって戦争とはなんでしたか」
自身も幼少期に戦争を体験したヤスミンコ氏が、子ども時代にサラエボ包囲戦を経験した1974年~1992年生まれの人に対し、SNSを通じてそう問いかけた。
そこで集まった人々の声によって本書は構成されている。

本の概要やサラエボ包囲戦についてはこちらのイベントレポートにまとめたので、ここではSNSを通じて寄せられた、当時子どもだった人たちの声について書いていきたい。
SNSには1500以上のメッセージが寄せられたそうだが、本書に掲載されているのはそのうちの1000あまりの短いメッセージである。

まず目をひくのが、食べ物に関する記述が非常に多いこと。戦争時の空腹の中、チョコレートなど憧れのお菓子を切望する気持ち、UNHCRによって支給されていたランチパックの思い出、そして絶望的にまずいというイカール缶詰について。
極限状態の中におかれたとき、食べることは生きることだという事実に気づかされるのだと感じる。
(ちなみにイカール缶詰のまずさは現地の人たちの中に強烈な記憶として残っており、記念碑まで立っているらしい。このあたりがサラエボの人のユーモアセンスである)

そして、子どもならではの「遊び」の思い出。その中に戦争が入り込んでいる点が印象的である。戦争ごっこ、砲撃の音をまねて大人たちをからかういたずら。戦争が子どもたちの遊びをむしばんでいるともいえるが、戦争さえも遊びに変えてしまう子どものたくましさと不謹慎さ、そして異常さを覚えた。
また、一方で戦争によって子ども時代を奪われ、「大人にならざるをえなかった」「一瞬で大人になった」という回答も目立つ。突然親を失ったり、水を運ぶなどの労働に携わらなけらばならなかった、本来遊び盛りだったはずの子どもたちを思うと胸が痛い。

困難な中だったからこそ、固い絆や友情が生まれたという声、また戦争の中でも、恋をした、という声も目立つ。
その一つを紹介しよう。
「かなしみとしあわせ。
かなしみ-世界でもっとも醜いものを見聞きさせられ、感じさせられた。
しあわせ-そういうのをぜんぶ、友だちと共有したこと
ダニエラ 1983年生まれ」
戦争だからといって子どもたちはすべてをあきらめた、というわけではない。そこには人間としての成長があり、仲間がいて、愛情が生まれる。人々はどんな状況でも「心」を失わずに生きている。

子ども時代というのは人生の中のほんのひとときで、一度通り過ぎてしまったら、もう二度と戻ってはこない。
戦争で奪われた彼らの子ども時代は二度と帰ってこないのだ。
その重みを強く感じ、何の罪のない彼らをそんな状況に追いやってしまった原因はなんだったのか、と思いを巡らせた。

最後にとても印象的だったメッセージを紹介したい。
「なんでもないときはいろんなものがほしいけど、戦争のとき、ほしいのはたったひとつ、そのなんでもないとき。 
アルディヤナ 1984年生まれ」
先日、パリでテロが起こった。シリアでは戦争が続いている。これらは遠い過去のことではなく、現在起きていることであり、日本にとっても他人事ではない。
平和ボケした日本人の目を開かせるようなメッセージが、この本にはつまっている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/48-ce9ff9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)