妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

近松門左衛門・著、諏訪春雄・訳注「曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の綱島」(角川ソフィア文庫)
「大学時代、近世文学のゼミに所属していました」と私が話すと、よく
「近世…近松門左衛門か何かですか?」と訊かれる。
「いいえ、卒論では西鶴の作品を扱いました」と言うと、
「ほう、心中物ですか」と言われる。
どうも、「近世文学=近松門左衛門=心中物」、という図式ができあがってしまっているようだ。
それならば、と近松の傑作三編を読んでみた

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
(2007/03)
近松 門左衛門

商品詳細を見る


もっとロマンチックな純愛悲話なのかと思いきや、どうも金と世間体がストーリーの大きなキーワードになっていて、ああ残念、近世文学だなあ、と感じた。

金が重要になってくるのは、相手が遊女だけに、会うにも自分のものにする(身請けする)にもお金がかかる以上、仕方がない。金を横領したり、金銭トラブルで追いつめられたりして死を選ぶなど、心中の直接的な原因は愛ではなく金なのだ。

そして世間体。
最近よく「男気」という言葉を耳にするが、現代と全く同じ意味で「男気」という言葉が何度も使われている。主人公の男たちにとっては、世間に対し、いかに男気のあるところを見せられるかが重要であり、男としてのメンツをつぶされるのが何よりつらい。そこで恋敵が遊女の前で主人公の悪口を言ってメンツをつぶそうとする、とうのがお決まりの展開となる。しかし、金を貸したの借りてないので大の大人が取っ組み合いの喧嘩をしたり、いつも寝ているくせに人が来た時だけ仕事をしているふりをしたりと「男気」の前に「大人気」ない人たちがたくさん出てくるのがおかしい。
主なあらすじは以下のとおり。

「曾根崎心中」…醤油屋の徳兵衛はある女性と結婚させられそうになるが、実は遊女のお初と恋仲である。女性との結婚を断るために多額の金が必要となるが、徳兵衛は苦心して集めた金を九平次にだまし取られたうえ、悪い噂を流されてしまう。追いつめられた徳兵衛はお初と心中道行に出る。

「冥途の飛脚」…飛脚の忠兵衛は遊女梅川に夢中になり、客の金を横領して使い込んでいた。金を横領された八右衛門は遊女たちの前で忠兵衛の悪口を言いふらす。かっとなった忠兵衛は屋敷に届けるはずだった大金を梅川の身請け金に使ってしまい、梅川と逃避行に出る。しかし自分の生まれ故郷まで逃亡したところで逮捕される。

「心中天の綱島」…紙問屋の治兵衛は妻子ある身でありながら遊女の小春に夢中である。しかし、治兵衛を心配する兄の計らいもあり、小春との縁を絶つことを決意する。その後、小春に望まぬ身請け話があり、小春が自殺しようとしていることを知る。治兵衛は小春を救おうと金の工面をするが、それを舅に見られてしまう。舅は激怒し、治兵衛と妻を離婚させる。絶望の末、治兵衛は小春と心中する。

話の先が読めないという点で「心中天の綱島」が一番面白かった。
夫を奪う憎き遊女の命を自分の着物を売ってまでしてなんとか救ってやろうとする、お人よしの妻、いつまでも治兵衛を心配する弟思いの優しい兄、自他ともに認める阿呆である三五郎、そしてダメ男の典型のような治兵衛とそれぞれのキャラが立っていて、面白い。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/5-c2f5aef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)