妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

原千代海・訳「イプセン ヘッダ・ガーブレル」(岩波文庫)
一読した印象は、性格の悪い新妻ヘッダの不可解な物語、といった感じだが、フェミニズム的な視点で見直すと、少し違ったヘッダ像が浮かび上がってきた。



話はヘッダと夫テスマンが新婚旅行を終え、新居に帰ってきたばかりのところから始まる。そこへヘッダの学生時代の後輩、エルヴステード夫人が夫のもとを飛び出して駆け込んでくる。彼女は愛するレェ―ヴボルクを追ってやってきたのだが、放蕩者のレェ―ヴボルクはヘッダの元恋人なのである―。

ヘッダはとにかく性格の悪い女である。夫テスマンへの愛も、テスマンの家族への思いやりもなく、人の好意をあだで返し、些細なことでいらいらし、他人の不幸を喜び、嫉妬深く、でも自分から何かをしようとはせず、不満を漏らし、退屈している。
はじめは読んでいてくすっと笑ってしまう程度の性格の悪さだったが、第2幕、3幕と進んでいくうちに読んでいて気分が悪くなるほどだ。
ヘッダは何がしたかったのか、と突っ込みたくなるが、彼女が望んでいたのは、自分の手を汚さずに、他人を駒のように動かし、悲劇的なストーリーが展開されていくのを傍観することではないか、と思う。しかし事態は彼女にとって最も望ましくない展開になってしまう。自殺させようとしたレェ―ヴボルクは、ヘッダが憎んでいる女の手によって殺されたようだし、その一件がもとで、ヘッダはブラック判事に弱みを握られてしまう。エルヴステード夫人とテスマンは原稿を通じて親しくなり、自分をのけ者にしだす。
ヘッダはやけっぱちのようにとんでもない行動に出る―。なんとも不幸な女だ。

なかなか理解しがたいヘッダのキャラクターだが、フェミニズム的な視点から見ると、ある種の主張めいたものが感じられる。
まず、タイトル。ヘッダは新妻であるにも関わらず、この劇のタイトルは結婚前の「ヘッダ・ガーブレル」である。結婚に対する反発のようなものがとれなくもない。
そして、レェ―ヴボルクとエルヴステード夫人の二人の力によって完成した、いわば二人の愛の結晶ともいえる原稿を「赤ちゃん」と呼び、それをヘッダが焼くシーン。これはそういったものを男性と築けない女性ならではの激しい嫉妬であるとともに、母性への憎悪、否定にも感じられる。(他のシーンでもヘッダが母になることを拒んでいるかのようなやりとりがある)
そしてラストシーンは男性から支配されることへの精一杯の抵抗のようにもとれる。
そうやって考えてみると、エルヴステード夫人も、一見献身的で保守的な女性のようで、家を飛び出してレェ―ヴボルク(愛人?)を追ってきた、意志の強い進歩的な女性のようにも取れる。
イプセンはこの作品を通じて、新しい女性のあり方を示したかったのだ―と考えるのは深読みだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/50-ccd934aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)