妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

彩瀬まる「あの人は蜘蛛を潰せない」(新潮文庫)
痛々しくて、ひりひりする。



主人公の梨枝は28歳。過保護で娘を支配しようとする、いわゆる「毒母」から否定的な言葉を浴びせられ続けて育ったせいで、自分に自信がなく、おどおどとした印象の女性である。そんな梨枝にはじめて年下の彼氏ができた。タイミングよく兄夫婦が母と同居するという話が挙がったこともあり、梨枝は母の呪縛から逃れるように一人暮らしを始めたー。

はじめはよくある母娘問題を取り上げた作品かと思ったが、そんな単純な作品ではなかった。とにかく出てくる登場人物全てが「闇」と触れてはいけない「地雷」を心に抱えており、それらを埋め合わせるかのように、何かに対して歪んだ施しを与えたり、極端に傾倒したりしてバランスをとっている、痛々しい人たちなのだ。

例えば、梨枝の義姉の雪ちゃん。彼女は医師の親を持ち、裕福な家庭に育った。結婚をし、子どももでき、一見幸せな生活を送っているように見える。一方で「自分に抵抗してこない、かわいそうなもの」に傾倒する癖のある夫の行動に苦しみ、それを埋め合わせるかのようにネットに依存している。忙しい両親のもとに育ったせいでいわゆる家庭料理と言うものがわからない、というのが彼女の心の「地雷」となっている。

他にも、鎮痛剤依存のサキさん、虚言癖のある中年男性、シスコンで、姉を追い詰めた両親を憎んでいる三葉くん、と誰をとってもどこかゆがんでいる。
こうしたゆがみは程度の差はあれ、おそらく誰しもが抱えているものであり、それは梨枝の母の言葉を借りれば、「みっともない」ということになるのだろう。それでも人は前を見て進んでいく。その姿勢が痛々しくて愛おしい。

彩瀬まる氏の本ははじめて読んだが、私と同年齢の作家であるためか、ストーリーはもちろん、登場人物の微妙な心理描写などに共感できる部分が多く、他の作品もぜひ読んでみたいと思う作家である。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/54-844890ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)