妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

作者未詳、蜂飼耳・訳「虫めづる姫君 堤中納言物語」(光文社古典新訳文庫)
岩波文庫で原文を読みながら光文社古典新訳文庫で現代語版を読むという「二刀流」で「堤中納言物語」を読んでみたら、なかなか面白かった。
「堤中納言物語」そのものの概要と感想については岩波の感想にまとめ、現代語訳の感想、岩波文庫と光文社古典新訳文庫の比較については、光文社の感想にまとめることにする。
よって、こちらでは現代語訳の感想などを。




光文社古典新訳文庫の訳は「新訳」とだけあってかなり現代風だ。普段古典を読まない人でも気軽に読めるよう配慮されていると感じるが、一方である程度古文を読み慣れていてかたい訳に慣れている人だとやや違和感を覚えるかもしれない。
たとえば少納言に「さん」づけをしているなど、他ではない訳し方だろう。

この訳が秀逸なのは、表題にもなっている「虫めづる姫君」の姫君のセリフだ。ややぶっきらぼうな口調が姫君のキャラクターとマッチして生き生きと描かれていると感じた。

また、面白いのは解釈が分かれる部分で、ことごとく岩波文庫と反対の解釈をしている点だ。
たとえば「桜花折る中将」のラスト。岩波文庫の注釈では「尼君のご器量はこの上もなくすばらしかったんだけれど」(でも年寄りじゃ、仕方ないよね、という意図か)。一方、こちらでは「中将はたしかに好青年ではあったけれど」(でも姫君と尼君を間違えるなんて、マヌケだよね、という意図か)となっている。
こういった解釈の違いを比較しながら読んでみるのも面白く、楽しい読書体験となった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/61-7221e945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)