ことばは、今も。
小説を中心に、ビジネス書や古典まで。本好きOLの読書日記です。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

角田光代「私のなかの彼女」(新潮文庫)
これぞ角田光代、といった印象の作品である。
女として生きること、母と娘、夫あるいは彼氏との関係、妊娠、仕事といった角田作品おなじみのテーマが多分に含まれ、亡き祖母の過去をたどっていくというストーリーには『ツリーハウス』にも通じる、ファミリーヒストリーの要素がある。そして決して楽しい話ではないのに先が気になって読み進めてしまう点も角田作品らしい。



本書のあらすじは次の通りである。
主人公の和歌はこれといった特徴のない普通の女の子だが、大学時代から交際している和歌の彼氏、仙太郎はセンスが良く才能もあり、学生時代から売れっ子アーティストとして活躍している。社会人として働き始めたある日、和歌は偶然、実家の蔵から亡き祖母の著書を見つけ、祖母が作家だったのではないかと思い始める。そして祖母の過去を探っていくうちにその存在に感化され、自身も物語を書き始め、作家への道を歩み出す。賞を受賞し、和歌は専業作家としての活動を始めるが、仕事をするにつれ、家事はおろそかになり生活は乱れ、仙太郎との関係も次第に崩れていくー。

ここでは和歌、和歌の母親、そして和歌の長年の彼氏である仙太郎の三人にしぼってその人物像と本の主題のようなものを考えてみたい。
まず、主人公の和歌だが、読んでいて悲しくなってくるくらい自信がない。学生時代から自分は頭が悪い、美人でもないと繰り返し、文学賞を受賞しても周囲の作家と比較して自信を持てずにいる。 それに輪をかけるように、特に後半から仙太郎の発言が和歌に釘を刺す。いい気になるな、作家としての下地を持っていない者は弱い、などという発言が和歌の自信のなさに追い打ちをかけ、さらにだらしない生活をしていることを批判され、和歌は常に仙太郎に見張られているように感じ、びくびくとして日々を過ごす。
この和歌の自信のなさはどこから来るのだろうと考えたとき根底には母の存在があると考える。和歌の心のよりどころになっているともいえる祖母の存在をひたすら否定し、結婚し子を産むことだけが女の理想の生き方だと信じ、そこから外れた生き方を一切認めない母。 親に自分の生き方を認めてもらえないというのはどんなに辛いことだろう。和歌の自己肯定感の低さは母の在り方に起因するものだと思う。
さて、最もよくわからないキャラクターなのが、仙太郎である。和歌の目を通じてしか描かれていないせいもあり、最後まで本心のわからない、不気味な存在だった。一つ、感じたのはプライドの高いタイプの男性なのかな、ということくらいである。プライドが高いから何のとりえもないような、自分の地位を脅かさない和歌と長年付き合い、和歌が成功し始めるとうまくいかなくなる。和歌の前では常に「仕事のできる仙太郎であり続けた」が、和歌の知り合いの編集者がみな仙太郎のことを知らなかった点、同棲を始めてからは家事に時間を費やしている点から、 途中から仕事も減っていたのではないかと思われる。仙太郎は果たして和歌が思っているほどの「売れっ子」だったのだろうか。 本当にすごい人だったのか。
仙太郎の発言には和歌を追いつめるようなものも目立つが、常に穏やかで、言っていることは一理ある(そして和歌にも非はある)ともいえるため、明らかなモアハラ男ともいえない。このあいまいさが怖い。仙太郎がよく見せる 笑顔が不気味で、和歌がその存在に怯えるのも無理はないと思う。そして、彼は本当に和歌が仙太郎や彼との生活より仕事を選んだから、和歌のことを捨てたのか、そうではなく、かつてのアーティストとしての自分としていられなくなったためにリセットが必要だったのではないかと勘ぐってしまう。

本書は仕事か家庭か、あるいは男と張り合うの張り合わないのという話ではなく、もっと個人の根底にある部分、つまり自己をどう評価し、自己肯定感をもって生きるかを描いた作品のように思えた。始終他者の評価に振り回されていた和歌が自分で自分のことをとらえられるように変化しているのは、ラストシーンで「祖母が筆をおいたのは周囲の圧力ではなく、自分の意志によるものだった」と考えるようになった点に現れている。
祖母の存在を心の中に抱きながら和歌は前に進んでいくのだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/75-d0f74d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)