妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ちきりん「「自分メディア」はこう作る!」(文藝春秋)


有識者の文章ではなく、一般人であるブロガーの記事が読まれるというのはどういう現象なのだろう?と思い、読んでみた。
読んでみると、ちきりんさんは自分なりのこだわりを持ってブログを運営してはいるようだが、サブタイトルにあるような「超戦略的」というほどの戦略があるわけではないと感じた。
筆者自身も書いているが、一つの記事が炎上したのをきっかけに、時代の波に乗って広がっていったのだろう。

しかし、ちきりんさんは子どものころから文章を読んだり書いたりすることが好きで、長年日記をつけるなど文章力には長けており、さらに米国の大学院に留学した過去もあり、外資系の会社で働くなど華々しいキャリアも持っているようなので、はじめから物事を考察し文章にまとめあげる素地を持っていたことがわかる。当たり前だが、何もないところで理由もなくブログがヒットするわけもなく、そうした素地のあるちきりんの記事が多くのひとに「うけた」のであろう。

ベストエントリを見ると、納得できる内容の記事もあるが、これは確かに炎上しそうだという記事も多分にある。(貯金をすることは自分が今後それ以上稼げないことを証明しているようなものだからお金はすぐに使え、という記事や、就職活動を適正化するために企業は学生から受験料をとるべき、という記事など) これらも記事をもとに人々が議論を交わし、ブログが活性化するきっかけとなっているのだろう。

驚いたのは、ブログの人気が出てから、一気に出版社からの出版依頼が殺到していることだ。人気のブログを書籍化したら売れるだろうと、深い考えなしに出版社が次から次へとオファーをしているように見受けられ、出版が遅れたメディアであるように感じ、その姿勢にも悲しくなった。

今、ブログのみならずSNSなどによって多くの人が「自分メディア」を持つようになった。
新しいメディアとしてそれをどう生かしていくのかを考えるのは、とても楽しいことだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/76-49e4d5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)