妊婦と読書 ― ことばは、今も。
本好きOLが妊婦になりました。妊娠生活と、読書記録を綴ります。
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
本が好き!雑誌が好き!なアラサーOLです。

これまでの訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日本子どもの本研究会全国大会に行ってきました
日本子どもの本研究会全国大会

以前から、子どもの本について学んでみたいなと思っており、日本子どもの本研究会という一般社団法人が主催する全国大会に行ってきました。私は会員ではありませんが、日本子どもの本研究会はこうした催しの参加を非会員にも認める、開けた団体のようです。

まずは落合恵子さんの記念講演を拝聴。
さすがとてもお話が上手で、カッコいいおばさまでした。72歳という年齢を聴いてびっくり。こんな70代になりたいものだわ。
落合恵子さんと言えば、子どもの本専門店クレヨンハウスのイメージがありますが、事前にプロフィールなどを確認したところ、最近は政治的な活動が目立つ様子。いったいなぜ?と思いましたが、「子どもには良い本を与えていればそれで十分、というわけではない。いくら本の中の世界が素晴らしくても現実の世界が伴っていなければダメ。子どもたちのためにより良い社会を作っていくことが大人の使命。落ち着いた世の中でなければそもそも本を楽しむこともできない」といった趣旨のお話に納得。

ご自身の母親の話や、母親に読み聞かせをしてもらった時の記憶、母を介護した時のこと、政治に対する不満、最近執筆した本の話など、話題は多岐に渡っていましたが、とても面白かった。
特に、母親が親戚から離縁されても、非嫡出子として落合恵子さんを一人で産もうとしていた際に、近所の老夫婦が毎朝ひっそりと卵を届けてくれたというエピソードが良かった。何より、その老夫婦が恵子さんの母親に対し、「一人でかわいそうだから卵をあげる」と言うのではなく、「卵が余ってしまって困っているから、食べてくれる?」と言って卵を渡したというエピソードに人の温かさ、心の豊かさを感じてジーンとしてしまいました。(涙ぐんでいるお客さんも)

そのあとはワークショップで、読書のアニマシオンに参加。アニマシオンのなんたるかをあまり理解せずに参加したのですが、今回は、皆で共通の本を読み、クイズを作り、チーム戦でクイズに回答する、といった取り組みを経験しました。
限られた時間に、大人のみが参加するワークショップだったので、通常小学校などで導入するときとは少し異なるやり方でのワークショップだったようですが、なかなか白熱して面白かったです。そのクイズの特性から、表面的な理解にとどまってしまう恐れがありそうな取り組みだなとは思いましたが、本が嫌いな子、苦手な子にとってはゲーム形式で本と向き合え、読書への心の障壁が薄れて良いかもしれない、と思いました。

それにしても年齢層が高かった…60代が中心、といった印象だったので、定年後の読書ボランティアの方が多かったのかしら。
若い人ももっと興味を持ってもよいのでは?と思ってしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://booksfan.blog.fc2.com/tb.php/81-b28cfce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)